引越し〜荷物が少ない場合

MENU

前日夜に冷蔵庫の電源を切る

冷蔵庫の引越しのもっとも重要なポイントは電源を切る時期です。

 

一番の目的は冷蔵庫の内部の冷却器についている霜の除去です。
目に見えないようでも、冷蔵庫の庫内には水分を含んでいます。
冷凍室はもちろん、製氷室も薄氷がついています。

 

これらの水分を水抜きする必要があります。
この電源切りを忘れて、引越し直前までそのままだと、
トラックで移送中に水が漏れます。
トラックの揺れでタンスや家電に水がかかることもあって、
場合によっては新居で家電が正常に起動しないなんてこともあるので大変です。

 

 

電源を切る時期

 

電源は、引越し前日の夜までに切っておきます。
朝イチの引越し開始は、
ふつう8時からですから、前日夜10時頃までに切っておけば十分です。

 

午後からの引越作業の場合は、朝8時ごろまで電源を切っておきましょう。
この時間では水が抜けきれないかもしれないと、
心配な場合は電源を切ってから
きれいなタオルやゾウキンなどを冷凍庫に入れて、
水を染みこませましょう。
こうしておけば、荷物が運び出された後の
部屋の掃除に使うことができるので便利です。

 

新居で電源オンのタイミング

 

最近の引越しでは冷蔵庫を立てて移送するのが一般的なので、
新居に着いてすぐに電源を入れても問題ありません。

 

昔の引越しでは冷蔵庫を寝かせて移送することがありました。
その場合は、新居に着いて1時間ほど余裕時間を置いて
電源を入れることをおススメします。

 

その理由は、冷蔵庫には、その内部に冷媒が設置されていて、
数時間寝かせたままの状態だと液体の冷媒が偏っていることがあるからです。
正常に位置にもどすために
ある程度の時間を置いた方が無難だからです。

 

 

冷蔵庫の電源は頻繁にオフ・オンをしない

 

新居で冷蔵庫を設置して電源を入れた後、
設置位置を変更することがあります。
このとき、>電源を抜いて、またすぐに電源を入れるのはです。

 

冷蔵庫は冷却機器にコンプレッサーを使用しています。
このコンプレッサーが作動しているときに電源を抜いてしまうと、
すぐに電源を入れ治すと、
コンプレッサーに負担がかかるので故障の原因につながります。

 

電源を切り、すぐに電源を入れ直す場合、10分ほど時間を開けましょう。
今ではほとんどの冷蔵庫に保護機能があるので、以前ほどは故障しなくなっています。
でも、電源を入れてもすぐにコンプレッサーが起動しないように対策されているので、
電源入れても冷却が始まるのはある程度時間が経ってからです。

 

冷蔵庫の故障トラブル

 

引越先に運び込まれて、冷蔵庫の電源を入れたら、
いつもとは違う音がして以前のように冷えなくなったというトラブルがよくあります。

 

引越業者に連絡して来てもらい確認してもらっても、
弁償・賠償の対象にならないことがあります。

 

引越保険の対象は、家電類の場合、
外傷による故障になっていることが多いのです。
外傷以外の原因による故障や機能障害は、
引越しが直接の原因だと証明するのが困難なためです。

 

引越業者にすれば、
その冷蔵庫の稼働音を聞くのはその時が初めてで、
旧居で稼働していた時の音を知りません。
なので、機能の変化を確認することができず、
引越保険の対象にならないのです。

 

⇒ ⇒ 『カシコイ食材消化スケジュール』 に移動する