引越し〜荷物が少ない場合

冷蔵庫の引越しは食材の計画が重要

家庭の食材はほとんど冷蔵庫に入れてますよね。
冷蔵庫に入れないと悪くなったり、腐ったり、しなびれたり…。

 

男のわたしのような単身者ではそれほど食材は多くなく、
あっても簡単なものですが、
ファミリー世帯になると、大型冷蔵庫になって中身は多いし、
食材も野菜や肉、魚などの生鮮品が多くなります。

 

引越し前日には電源を切らなければなりませんので、
これらの食材を計画的に使い切るようにしたいものです。

 

2週間前から食材管理

 

 

引越が決まったら、2週間前から冷蔵庫の中にあるものをチェックしましょう。
肉、魚などは調理するスケジュールを計画しておくことです。
下ごしらえしておけばあとあとの料理で便利です。

 

1週間から2〜3日前までには、肉類、魚介類
生鮮品は使い切っておきたいものです。
これらは冷凍しておくことが多いので、
解答などの時間を考慮すれば、
前日までよりも余裕を持って2〜3日までに使い切るようにすると安心です。

 

引越前日の夜には、電源を切らなければなりません。
前日の冷蔵庫、冷凍室の中は、
その日の夜までに使い切る食材と翌朝まで常温保存できる食材にしておくことです。

 

保冷剤で食材も引越--近距離の引越し

 

数時間の距離の引越先なら食材を冷凍しておいて、
発泡スチロールに保冷剤を入れて運ぶという方法もあります。

 

この場合、

・冷蔵庫の水抜きが必要なため、前日から冷蔵庫の電源を切る
・食材のため、引越荷物にはできないので自分の車で運ぶ
・事前に保冷剤を準備するため、新居に持参する食材を前もって計画しておく

 

このようなことを検討しなければならず、
新居に食材を持っていく場合は、事前に計画しておくことが大事です。

 

 

新居で役立つ冷凍食品

 

新居に荷物が運び込まれた当日は、荷解き作業に追われます。

 

単身者が生活するような1ルームなどでは、
運び込まれた家具や段ボールの荷物類で部屋が埋まってしまって、
寝る場所が確保できないということがよくあります。
このため、荷物が運び込まれてからは
外出する時間を惜しんで荷解きに追われます。

 

荷物の運び込み終了時間が18時、19時で
近所のスーパーマーケットが開店している時間帯であっても、
すぐに開梱作業を始めてしまうと、
空腹感を憶える時間にはスーパーマーケットが閉店している時間になりがちです。

 

コンビニでも、その時間帯には家族人数分の食材がないことが多いものです。
空腹を抑えて荷解き作業を続けるのは、辛いものです。
新居での最初の思い出がツラいものにしたくないですよね。

 

こんなとき、旧居から、電子レンジで簡単調理できる
冷凍食材を持参していれば便利です。
焼きおにぎりやピラフ・チャーハン、スパゲティなどは大変重宝します。

 

冷凍しておき、発泡スチロールと保冷剤、
さらにはコンビニのアイスロックなどで前日から準備しておくと便利です。

 

引越業者の中には、クーラーボックスを貸してくれるところもあるので、
必要な際には問い合わせしてみるのも一つの方法です。

 

⇒ ⇒ 『自分たちでカシコク運ぶ方法』 に移動する